<   2006年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧
同じなのに違うみたい。
f0092024_17502961.jpg

LOMO LC-A の写真が溜まってきたので整理していたら、息子にやりたい放題されました。
ペンがバラバラ、アルファベットのスタンプが部屋中に・・・
一つ一つ探すのに苦労しました。
もう絶対渡さないと強く決意した、8月最後の日。

- - - - - - - - - -

北海道のおばあちゃん・おじいちゃんに先日撮った写真をアルバムにして渡そうと思い、着々と準備しています。
今日はLOMOの方の写真を焼き増しにいきました。
いつも出す写真屋さんは時間がかかるので、当日仕上げのところへ。
出来上がりを見てびっくり!!

More
[PR]
by mesas | 2006-08-31 18:01 | カメラ
高知のクリオネちゃんの悲劇
f0092024_1883324.jpg高知のクリオネちゃん、縮んできました・・・
元気いっぱい泳いではいるのだけれど、色々調べても上手に育てた人はいないし、何よりも海水を手に入れるのが困難極まりない!

とてもかわいくて、息子も喜んでいるけれど、高知のクリオネちゃん的には全然喜んでないと思われ・・・

海に帰そうか・・・という話が出ています。
たこくらげ、元気だしてー(涙
[PR]
by mesas | 2006-08-31 17:08 | 日常
おそろしくて黒い虫
今日ぼちぼちと部屋の掃除を始めたら、部屋の隅にある息子の室内カーの座席の上に黒くて細長いものが…
近寄って見ると、それはヒゲ根のような黒いゴキブリの足でした…

ギャー!!

と叫んでパパに助けを求めると、掃除機で吸いなさい。と言われました。
しかしながら不気味すぎて半径1メートル以内に近づきたくない。
仕方なく見ないふりをして周囲からブーンブーンと掃除機をかけていたら、第一現場からほど近い、20センチほど離れたバーバパパクッションの上に見逃せない何かを発見!!
そう、それはヒゲ根のようなゴキブリの足二本目!!

ショック!!不気味!!ブルう!寒気がする~!!!

原因が一つ思い当たる・・・
それは昨日から続いていたエアコンの不気味な音。
カタカタカタカタ・・・・とずっと鳴っていて、なんか変な音がするねー虫でもはさまってんじゃないかしら・・・・なんて話をしていたのです。
ひょっとして、エアコンにはさまっていたのは・・・

・・・ということは、他の部分もバラバラになってあるのでは!?

恐ろしくて恐ろしくて泣きそうでした。
不意に見つけてしまったらどうしよう・・・

そこでパパに助けを求め、あたりを調べてもらうことにしました。

もう一本足が見つかりましたが、肝心の部分がありません。

大丈夫でしょうか・・・
大丈夫でしょうか・・・
こわくて仕方ないんですけど・・・
足に何かがサワッと触ると飛び上がりそうになるんですけど・・・
こわいよー
こわいよー


f0092024_2024213.jpg
f0092024_20241293.jpg

写真は本文と関係ないけど弟が今日送ってくれたムーミンの輪投げ。
それにそっくりな息子と一緒に記念撮影。
ムーミンの歯を磨いてくれています。
[PR]
by mesas | 2006-08-30 20:25 | 日常
しおらしく見える息子
f0092024_11453399.jpg

反省中(?)


今朝 またガラスのコップを割られました・・・
とほほ

写真は掃除している間
「絶対おりてきちゃダメよ!!!」
の言葉を守っている息子。

反省しているようですが、実はそうではありません。
割ったあと、逆ギレしてテーブルを叩いていました。
なぜ君が?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

HPの写真のページを更新しました。
今度は初めて撮ったLOMO LC-Aの写真です。
スキャナーの解像度が低いのですが、よろしければ見てみてください。
[PR]
by mesas | 2006-08-30 11:49 | むすこ
超がんばった。
今日は超がんばって、ベビーカーに息子を乗せて暑い中おでかけしようと思いました。
家を一歩出たところで雨が・・・

でも超頑張ろうと決意していたので、息子をスリングで抱っこし、片手で傘をさし、片手でベビーカーを押してがんばった。
駅まで頑張って歩いた。

ベビーカーを持ち上げて頑張って階段をあがった。

ベビーカーを持ち上げて、頑張って電車に乗った。

ずっと行きたかった無印良品に行った。

息子に昼食を食べさせるためにレストランに入った。
息子はめちゃくちゃだった。
超がんばった。

安くなっていたスカートを買った。
息子が試着している間に試着室をあけた。
超がんばった。

トイレに行きたかったけれど、ベビーカーが入れるトイレがなかなか見つからなかった。
超がんばった。

今日は超がんばった一日でした。
超がんばった。
[PR]
by mesas | 2006-08-29 20:31 | 日常
ちゃんと撮れた!
義父さんにもらったカメラで撮った写真ができあがりました。
f0092024_208733.jpg

f0092024_208306.jpg


34年前のカメラで壊れているのでピント合わせが手動で、距離を自分で想像しながら撮るのでピントがずれてます。
合っているのはパキッと撮れてる。
なんか方法があるのかなー
修行が必要みたいですが、ともかく撮影できることが分かって嬉しいです。

パパを撮ってきたこのカメラで息子も撮ってあげるからね!


夜は先日隣のおばあちゃんにいただいた 「とうがん」 をパパがスープにしてくれたのでそれを食べました。
ありがとう。
[PR]
by mesas | 2006-08-28 20:11 | カメラ
散々な水族館
f0092024_1504521.jpg
f0092024_1505873.jpg
f0092024_151695.jpg
f0092024_151156.jpg


夫の貴重な休日に、思い切って水族館へ行きました。

水族館はものすごい人、人、人・・・
一歩足を踏み入れると、つぶされそうなくらいの人数の人間が・・・
どこかの誰かが言っていました。
夏休みの最終週の週末だもんね・・・
だもんね・・・
だもんね・・・・

もう本当に選択を間違った!

天井は低いし、両脇の水槽に人が何重にも重なってへばりついているから通れないし、前後もぎゅうぎゅうでどうにもこうにもならないし、暗いし、息苦しいし、途中本気で泣きそうになりました。
入場料払ったけど、多分1割程度も見てない。
とにかく脱出したくて、あれは死人が出てもおかしくなかったと思う。
本当に恐ろしかった。
地獄絵図です。
確実にトラウマになります。

私たち夫婦はほとんど無言で脱出のことしか考えられなかったのですが、息子は人のすきまから結構魚を見ていたみたい。
私たちにとっては地獄だったけれど、息子はちょっと喜んでいました。
それがせめてもの救いです。

人気のない地味な魚の水槽の前にはあまり人がおらず、そんな場所を息子ゾーンと名づけて少しだけ見ることができました。
息子はニコニコと水槽にへばりついていました。
また今度、人が少ないときにこようね。

“さわがに”のポイントですら人が何重にもへばりついて、厚さ3メートルくらいの人塊ができてました。
さわがにかよ!

10月31日までにもう一回来て、いきものデザイン博を是非リベンジしたいものです。

More
[PR]
by mesas | 2006-08-27 15:15
息子の挑戦
f0092024_14521324.jpg

玉ねぎをむく息子。
f0092024_14523257.jpg

完成をむかえたときの彼のよだれ具合。
(服の濡れている部分は全部よだれ。集中しすぎ)
f0092024_1452388.jpg

つるんつるんの玉ねぎ
ところどころえぐれてるけど、息子、大丈夫だったのかしら。


More
[PR]
by mesas | 2006-08-27 15:03 | むすこ
螺旋階段と にがうり と とうがん
人生は螺旋階段のよう

と、誰かのブログに書いてありました。

同じ景色を見ているようでも、前回よりも少し上から見ているって。
同じところをぐるぐる回って落ち込んでも、実はちょっと前の自分とは違うんですよね。
「明けない夜はない」
なんて言葉よりなんだか救われる言葉でした。


そんなわけで、何をやっても空回りで落ち込んでいる私ですが、今も螺旋階段を一歩一歩上っていると信じて今日もがんばろう。

f0092024_1445120.jpg

写真は隣のおばあちゃんが持ってきてくれた “にがうり” と “とうがん”。
とっても温かいおすそわけです。
ありがとうございます。
[PR]
by mesas | 2006-08-27 14:51 | 日常
地蔵尊
f0092024_22295623.jpg

今日は普通の日記です。

近所の昔ながらの商店に、いつも写真の現像をお願いしに行きます。
若い人とその商店の話をすると「ああ、あのちょっと怪しげなお店・・・行ったことないや」というお店なのですが、おばちゃんたちも気さくで沢山話しかけてくれるし、息子と二人でお散歩するにはちょうど良い距離なので愛しています。
もう顔なじみで、写真の現像の引換券を渡さなくても 顔パスです。
素敵でしょう。

そんな商店に行くと、今日は私の家の近所でなんとかなんとかという催しが行われているらしく、行くとお菓子がもらえるよ と教えてくれました。
お菓子に釣られたわけじゃないけれど、行って来ました。

でも間違っていたみたい。

カーンカーンと鐘が鳴っていたのでてっきりそちらだと思って吸い寄せられて行ったら、大人が三人椅子に座っていて、ずーーーっとお経を読んでいました。
かなり近寄りがたい雰囲気で、お菓子なんてフランクな要素はこれっぽっちもありそうにありません。
息子もなにかを感じるようで近寄ろうとしません。
そうしてそこは明らかに誰かの私有地・・・
私たちはそんなグレイゾーンに入り込んでしまい、帰りたいけどなんとなく帰れないし・・・
でも誰も話しかけてもくれないし邪魔っぽいし・・・
どうしたらいいのだろう・・・

と悩みながら、小石に気をとられてその人たちに近寄らないくせに家にも帰らない息子につきあって何十分も経ちました。
気まずすぎて胃が痛くなりかけたその時、お経が終わって大人の一人がこちらへ走ってきて笑顔でお菓子をくれました。

どうやらやっぱり場所を間違っていたみたい。

でもその大人のうちの一人は隣の家のおばあちゃんで(先日メロンを届けに行ったら代わりにおせんべいと巨峰をくださった)、どうやら地蔵尊というお祭り?なのかな?
そんなようなことでした。

関西にしかない習慣らしく、私は全然知らなくて・・・
子どもが元気に大きくなりますように とお祈りするお祭りらしいです。

色々世間話をしたりして帰りました。
なんだかちょっぴり嬉しかった。

家でもらったお菓子の一つを食べさせてから夕食を作っていたら、先日そのおばあちゃんがくれた「雪の宿」を息子が勝手にあけてむさぼり食っていて、夕食も食べれないほどお腹がぽんぽんになっていました。
あけられるとは!!
恐るべし。
もう置いておかない。

f0092024_2230812.jpg

写真は水浴びのあと、一糸まとわぬ姿で乗る息子。
と、お風呂のあと、一糸まとわぬ姿で乗る息子。

More
[PR]
by mesas | 2006-08-24 22:45 | 日常



さんにんぐらし。
by mesas