<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
骨董村
f0092024_1574372.jpg
f0092024_1574998.jpg

骨董村というところに行きました。
骨董村がある場所は以前テーマパークだったところ…
そのテーマパークのお化け屋敷は本当にお化けが出るという話が有名で、テレビにも出たことがあります。
そんなわけで、骨董村と名を変えたその土地は非常に恐ろしい雰囲気がただよっており…
怪しい人形が並ぶゾーンを通る間、こわいよ~こわいよ~と言わずにはいられませんでした。

大人たちが射的をして遊んでいました。
スーツを着たおじさんも…
いいのか?

掘り出し物が沢山ありそうで心がおどりました。
でも息子と一緒だと大変すぎる~!!

今日の戦利品は写真の品々 他一品。
全部でなんと1600円!!
[PR]
by mesas | 2006-09-29 15:07 |
ハッスル!
f0092024_20351034.jpg

今日 息子が一人で鉄棒にぶら下がった~!!!
ばあばと二人で大興奮して写真を撮ったけど、パパにメールしたら意外と冷めた反応…
あれ~?

パパによると将来は仲本工事らしい。
つまぶき…
[PR]
by mesas | 2006-09-27 20:35
お墓参り
f0092024_21502587.jpg

Nikon D50


今日は太朗君のお墓参りに行きました。
天国で元気にやっているかなぁ・・・
写真の犬は霊園にいた犬です。
大きい犬です。
前回S子が訪れたとき、本気で襲われそうになったらしく こわくてあまり近づけませんでした。
だから写真も微妙な距離・・・
でもおとなしそうだったけどなぁ。
S子は動物に激しく嫌われるからなぁ。

f0092024_2146135.jpg

Xiaostyle


Xiaostyleは相変わらずうまく使えません。
二回シャッターが切れるみたいになるの!
なぞすぎるよ。
これが標準なの?
誰か知りませんか。




今日 息子は車の中でリンゴ酢を撒き散らしてすごいすっぱいにおいが充満しました。
超迷惑。
そして息子、超嬉しそう。
クサッって言って、ボゲーって吐く真似して、キャッキャと笑ってた。
[PR]
by mesas | 2006-09-26 22:01 | 日常
赤い外国車と青い春。
f0092024_21283145.jpg

今日は働いていたときの先輩・A先生と会いました。
これまた何年ぶり?

A先生とは就職してすぐから仲良くしてもらっていました。
お互いに男運がなく、私が一人暮らしをしていたアパートメントにそのA先生の友人も偶然住んでおり、私のアパートメントは独身寮とよばれていました。
みんな男運がなかったの・・・

しかしその独身寮の女子たちは今ではみんな結婚し、独身寮を去っていきました。
あのアパートメントは青春の舞台なのかもしれません。
あのアパートメントの階段は大人の階段で、しょっちゅうのぼっていた私たちはシンデレラだったのかもしれません。
しかしそのアパートに、S子(私の母 50歳)は怪しい霊気を感じたとも言っていましたが・・・

さてさて、そんな思い出話はともかく、今日はA先生と昼食をご一緒しました。
息子は機嫌が激悪で、そのお店の水槽にイカや魚が泳いでいるさまを見せろと 久しぶりに会った私たちの会話を邪魔します。
いやだよー
イカはもういいよ。
水槽の中で腕をしばられて生かされているカニを見るとどんよりするんだよ。

結局ちっともゆっくりなんてできませんでした。

その後先生の家にお邪魔することに。
その途中、先生の車は今日でお別れなのだということを知る。
赤い左ハンドル・・・
この車には私も思い入れがあります。
独身時代をかけぬけてきた外国車・・・
私が体調を崩して入院したとき、先生は買ったばかりのこの車でおみまいに来てくれたっけ・・・
遠い地の病院だったので、買ったばかりにもかかわらず車が途中で動かなくなり、レッカー車を呼んで代車で来てくれたっけ・・・

なんとも偶然に、最後の一日を見届けることができました。
感慨深い・・・

車屋さんが車を引き取りにきているのに写真撮影をするわたしたち。
最後には車屋さんにシャッターを押してもらい、息子・私・A先生の三人と赤い愛車の記念撮影。
意味がわからない。
でもなんだかさみしいな。

今日も一歩、大人の階段をのぼりました。
[PR]
by mesas | 2006-09-25 21:41
連日のお友だち
f0092024_2025525.jpg

昨日はまた中学の同級生だった友人と会いました。
今日は職場の同僚だった先生たちと集まりました。
明日も…

毎日のように人と会うので楽しいけれどちょっとお疲れ。
でも本当にたまにしか会えないもんな~

今日会った先生たちは一人が独身、一人は4人の子どもたちのお母さんです。
私たちが一緒に働いたのは、今7歳のお姉ちゃんが1歳だったころ。
もう6年も前です!

その頃はまだそのお姉ちゃん一人だけのお母さんだった先生。
が、いつの間にかもう一人女の子がうまれ、いつの間にか双子もうまれ、今じゃ立派な4人のお母さん!
すごい!

なんだかんだ言って、帰省のたびにこうやって3人で集まってます。
色んなことがあったな~(遠い目)


前回会ったときは寝たきりだった双子ちゃんも、しっかり歩いていました。
子どももどんどん大きくなる!


写真は一番上のお姉ちゃんが作ってくれたブレスレット。
かわいい☆
[PR]
by mesas | 2006-09-24 20:27 | 日常
TOMY Xiaostyle
f0092024_190899.jpg

やっぱり買ってしまいました。
TOMY Xiaostyle・・・
フィルムカメラがすきなのに。
とっても悩んだけれど、品薄なのに近所の電器屋さんに売っていて、しかも処分価格で20パーセントオフだったし・・・
いいわけ。ですね。

使い方がわかりません。
これから勉強します。

写真は実家の扇風機。
父母が結婚して間もなく購入した、思い出の品らしいです。


LOMOの中にナチュラ1600フイルムを入れて撮影したものは、なんだか何枚も撮れていないものがあって。
なんでだろう。
シャッターが開かなかったような雰囲気です。
まさか・・・故障なのか?
心配です。

カメラライフは低迷しています。
[PR]
by mesas | 2006-09-23 19:04 | カメラ
独身のお友だち
今日は地元のお友だちに会いました。
中学の同級生です。
空港でグランドホステスをしているというまぶしい友人…
すっかり専業主婦でシャバから隔離気味の私は 独身でまばゆい友人と話が会うのかしら…
と、ひそかに心配していました。

が、4年ぶりにも関わらず、私が結婚したのも妊娠したのも一児の母なのも直接報告していなかったにも関わらず、とーーーっても楽しい時間を過ごしました。

小さい甥っ子がいるらしく、息子にもツボを射止めたあやしかたをしてくれるし、息子もすっかり友人が好きになったみたいで手をつないで歩いたりしてました。
すごく嬉しかった!

中学からは十年以上経って、みんな大人になって、それぞれ色んな経験をして…
お互いの知らない長い年月が壁になっちゃうことが多くなるけれど、今日みたいに時間を超えて 蛇の死体や巨大なイモムシやつぶらな目の牛や田舎の風や赤米を ゆっくり歩きながら 味わいながら 共有しながら過ごす友人がいるってすごく素敵だな~って思いました。

変わってないね~の言葉が なんだかとってもホッとした。

でもね、変わってないはずなのに、元職場の人には会話しても私だってことに気付いてもらえないんだよ。
変わったからだと思ってたのに、変わってないならそれっていわゆる かなり存在感の薄い人だったってことだよね。

変わってないね~が甘酸っぱい言葉になりました☆
[PR]
by mesas | 2006-09-22 21:40
アンジェラ
f0092024_2149394.jpg

8ヶ月ぶりに美容室へ行きました。
数年ぶりにパーマネントをあてました。

アンジェラ めさ になりました。

眼鏡?眼鏡がダメなの!?



息子は実家生活を楽しんでいるようです。
常にリビングには誰かがいるので、朝起きて数秒後にはドアを指差して うっ、うっ とリビングへ行こうメッセージを送ります。
寝たふりしてると一人で行ってしまいます。
みんなが遊んでくれるので嬉しいんだね~

今日は特におじちゃん(つまり私の弟)が好きになったみたいでまとわりついていました。
最初はヒゲandちょい長髪 そして腰パンに固まっていた息子なのに…
二人で遊ぶ姿は微笑ましいものがあります。
そして息子の風邪はほとんど良くなり、代わりに私の妹が高熱を出しました。


今日子育て支援センターに行ったら息子より小さい子がめちゃくちゃしゃべっていて驚いた!
女の子すごい~
[PR]
by mesas | 2006-09-20 21:49
運動会と息子の鼻水
今日は母の勤める幼稚園の運動会。
見に行こうと朝からいそいそと用意して 外に出ると雨…
天気予報のうそつき~!
仕方がないので弟の車で送ってもらうことにしました。

…が、車に乗り込むと知らないおじさんたちが車に乗ってはいかん!と言う。
なぜかというと、車の横に立ててある看板がひしゃげて車にめり込んでいるからです。
写真を撮ってそのお店に金を出してもらわなつまらん!警察に電話せな~こげな修理でも結構かかるんやから。との言葉に そ、そうかな…と思い、おりる。
結局父の車で行きました。

運動会、息子の反応はイマイチでした。
すぐ斜め前に私の元職場の知り合いがいて、目があって少し会話したにも関わらずまったくもって気付いてもらえませんでした…
もう何件あるでしょう。気付いてもらえなかった出来事…
存在感なさすぎ?
外見が変わった?


そんな感じの1日でしたが、息子が風邪をひきました…
鼻が苦しいようで昨晩からあまり寝ません。
こちらに来ると必ず体調崩すな~
雨の中、息子を抱っこして傘をさしながら鼻水吸い器を買いに行きました。
早くよくな~れ!
[PR]
by mesas | 2006-09-18 21:47
台風と忙しいわが実家
今日は午前中、母と妹と一緒に買い物に出かけました。

イタリアンレストランで昼食を食べていると、シーザーサラダの中に虫が混入しているのを発見。
結構でかい。
びびる。
母が店員さんを呼んで、静かに伝える。
代わりの品が来ましたが、食欲が落ちてしまって食べる気がせず・・・
でも、イタリアの青年がとても親切でさわやかだったので許してしまいました。

息子がぐずってぐずって、私がぜんぜん食せなかったので、母が途中から息子を連れ出して外で遊んでくれていました。
台風がすぐ間近に迫る福岡。
息子は紙ナプキンを首にくくりつけたままです。
急いで食べ、会計を済ませて見に行ってみると、息子が紙ナプキンをマントのようになびかせ、強風に立ち向かって必死に立っていました。
なぜかニコニコで、リアルアンパンマン・・・
すごく面白かった。

そのショッピングモールには、知らない間に私の好きなお店ができていてとても心踊り、たくさん買い物してしまいました。
店員さんが会計のときに、
「とてもお若いお母さんですよねー。おいくつですか?」
と聞いてきて、実際の年を言うとすごく驚かれたのですっかり ぐへへへへーと喜びながら帰りました。
うれしいー(←こういうことが嬉しくなるってことは年齢を重ねた証拠ですね・・・)

帰ってきてから夫に電話で、イタリア人男性がさわやかだったのでカメムシの混入を許したこと、洋服屋さんに若いと言われたことなどをルンルンしながら話すと、「お前 それ全部だまされとるやないか。」と言われてしまいました。
えー・・・騙されてないよー
イタリア人男性は、息子が店内でぐずって大泣きしたときも「ダイジョブデスカ?」と心配してくれたし、ショップの店員さんが言った「若くみえる」の言葉も真実に違いないし・・・
だまされてなんかないよ。
だまされてなんかないよ。



ショッピングモールから帰ってきて、台風の影響はますます顕著になりました。
というか、台風きちゃってるし!
ショッピングモールは私たちが帰った二時間後に台風のために閉まったそうです。
私たちが帰るときもすごい暴風雨で、駐車場に行くまでにびしょびしょだったもの。

夜になり、風はますます強まります。
マンションが崩れるのじゃないかしらというくらい、ミシミシと音がします。
私たちが、窓をしならせ 隙間から雨水を流し込む大風と戦っている間、不在の男が一人。
Kいち(私の父、53歳)。
こんな暴風雨の中どこにいるかというと、パチンコ屋さん。

もう飛ばされたんじゃないか、とか 閉じ込められてるんじゃないか、とかさまざまな憶測がとびかうなか、音も立てずに入ってきた男、Kいち。
うわっ!とみんな驚きつつ、観察すると 服はびしょぬれ 髪はぼさぼさ 視力が0,1もないくせにめがねも装着していない・・・
手をキョンシーのようにあげたまま、ボンヤリと立っているKいち。
めがねの在り処を聞くと、
「車を降りて、車のドアを閉めようとするも強風で閉まらず、一生懸命手で押さえていたらめがねが飛ばされた・・・」
・・・らしいです。
明日から仕事、どうすんの?
あまりに面白い光景に、思わずデジカメで写真を撮りました。
・・・路上生活者?
これでも子会社の社長。
がんばれ、Kいち。

その後我が家は懐中電灯を集めてきたり、電池の在り処を確かめたり、ラジオを用意したり、本当に大変な騒ぎでした。
電気は消えてはつくを繰り返すし、駐車場の上にあったお店の看板が飛ばされてひょっとしたら車の上に落ちたかもしれないけど確かめられないし、大変。

息子が福岡に来るとなんやかんやあります。
大地震とかね。
なんやろね。

そしてその息子は、こんなときに勝手に119番に電話をかけちゃって 消防の人から電話がありました。
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!
こんな忙しいときに!


忙しい福岡の実家です。
[PR]
by mesas | 2006-09-17 21:57 |



さんにんぐらし。
by mesas